香り屋日記

ホーム > 香り屋日記 > 珈琲2

香料屋さんが綴る、「香り屋日記」香りに関わる富士香料化工のスタッフが、日々感じた香りの事を連載していきます。

2017年10月31日

珈琲2

珈琲の焙煎をしました。ぱちぱちもくもく、香ばしい匂いがして、豆が茶色くなっていくのを見守りながら、熱々の豆を冷まして出来上がりです。炒ってごりごり砕いて、空気をすいこんで、はぁー。
もうこれ発見した人ありがとう。と思う時間も含めて十数分飲みながらつくっている感覚でした。
 山火事でコーヒーの木が燃えた焼き跡から香ばしい匂いがして思いついたというありがとうと言いにくい話もあれば、生豆を暖炉に放ったら香ばしい匂いがしてとか、煎じるときにこぼれた生豆が~と、色々あるようです。
なんにせよその匂いにつられて行動した人ありがとうですね。どうやって思いついたのだろうか何でやろうとかよく思うのですが、答えがイマイチなことが多くもやもや過ごしています。
思いついた人が1万人いても行動する人は1人と聞きますが、身の回りのことだけでも行動したりできたら良いよなぁと珈琲をすすりながら思ってみたり。
先日センマイを食べながら、もしかしてこれをはじめに食べた人が1番すごい勇気人やないかとこりこりやりながら思いました。
おわり。

マサコ

PageTop