香り屋日記

ホーム > 香り屋日記 > 色の話

香料屋さんが綴る、「香り屋日記」香りに関わる富士香料化工のスタッフが、日々感じた香りの事を連載していきます。

2017年05月23日

色の話

山が青々としてきました。なぜ青なのかと調べたことがありました。みどりの黒髪ってなんやねんと思っていました。青は元々、寒色全体を指す言葉だったそうで、緑は色の名前ではなく、新芽や若枝を表す具体名詞で瑞々しいという意味の言葉で、緑が色として登場した平安時代以前は白赤青黒の4つで色を表していたのだとか。語尾に「い」が付けられるのもその4色だけですね。そういった昔の名残なのだそう。青信号、青梗菜、青りんご、青ネギなどなど、信号は戦前、緑信号と呼んでいたそうですが、緑に変えると、いろいろ語呂がわるくて読みにくいです。山も森も緑緑しているけれど青々。車窓から見る木々は青々しいというより、生い茂りまくりで緑々しいの方がその山には似合うと思うのだけれど。今家の冷蔵庫の中が充実しており青々としています。青菜を沢山摂ればみどりの黒髪になれますかね。

マサコ

PageTop