香り屋日記

ホーム > 香り屋日記 > 芽吹きの季節

香料屋さんが綴る、「香り屋日記」香りに関わる富士香料化工のスタッフが、日々感じた香りの事を連載していきます。

2018年04月24日

芽吹きの季節

新年度を迎えて一か月が過ぎようとしています。
4月のはじめ、いつもの朝の通勤電車では入学式に向かうであろう新中学生とお母さんの姿を何組か見かけました。
真新しい制服に少しぎこちなさそうな男の子の横で、お母さんが息子の姿にそわそわ、わくわくしている様子が微笑まし
かったです。

わが社にも新しい仲間が加わりました。初々しい彼らの姿を見ると、いつのまにかオツボネーゼになってしまった私自身も、
初心を忘れずしっかりがんばろうという気持ちになります。春は植物も人間も芽吹きの季節ですね。

さて、この時期香りを楽しむ食材といえば、山菜でしょうか。タラの芽、こごみ、わらびなど・・・。
特にタラの芽のてんぷらは格別です。ほろ苦さとかすかな甘み、てんぷらのサクッとした食感もたまらないです。
この季節にしかいただくことのできない贅沢ですね。

あたらしい環境でスタートを切ったみなさんはそろそろ疲れが出てくるころではないでしょうか。おいしいものをたくさん食べ
て、思い切り新生活を楽しんでください。


猩々

PageTop